性感染症の症状

性感染症の兆候性感染症(STD)または性病をすることができ、急性または慢性。

予後の形状に応じて、病気が目に見える症状かで行くかどうかに依存します。

疾患の経過は、などクラミジア、マイコプラズマ、として、一度取るために慢性の経過によって特徴づけ、性感染症の一環として、また疾患自体に依存している。

急性のでは ケース、疾患の徴候は、性交直後に発生したと苦情を作るために作っている。

性交後の2-7日の平均(梅毒21日)は、最初の苦情を発生します。男性は通常、尿道炎の症状(排尿、尿道口の発赤、中に鼻水の不快感がある包皮の炎症などを、女性や尿道炎の症状(かゆみ陰部、増加した放電、排尿時の不快感、など)。

オーラルセックス中の感染は、通常、狭心症は苦情ことを特徴としている起こる。

しかし、直腸と肛門の炎症からアナルセックス、中に感染-直腸炎。

ほとんどの場合、これらの苦情はほとんどが軽度であり、数日後に消えることができます。

このような場合には、通常、人がされて、現在はすべてが自分自身を移行したと思います。

性感染症の急性型が扱われていない場合は、より多くの慢性型と元々急性感染の症状が消える。

慢性の場合は-苦情は、通常はそうではありません。慢性型は、平和と期間を彼らは彼らのパートナーに感染できることを意味し、何式が存在しないその間、残りの期間は数年前からさらに長くすることができますが、この男は伝染性である。

慢性疾患の増悪は、一般的に穏やかな、時には非特異的な症状です。

男性の最も一般的な症状の間に増悪:

セックスの最中に射精をスピードアップ-からクイック射精。

勃起の質の変化 – の影響を受けやすくなります。

排尿する夜に取得する必要があります。

包皮の下プラークの排泄を増加し、具体的な臭いが発生した。

ペニスヘッド赤み、かゆみ-炎症(亀頭包皮炎)

精液の色と香りを変更することができます。

女性は通常観察:

強化された排泄が発生した。

真菌感染と増悪。

外性器のかゆみ、赤み。

セックスの最中に不快感、さらには苦痛。

定期的な不快感下腹部。

排尿時の不快感、排尿頻度の増加、など

未治療の感染症場合は、2つの本質的なものがあります:

感染した人は感染源になる -ディーラーと順番にそれを渡すこれらの感染パートナーを、置く。

以前の疫学的研究では、1に感染したヒトの感染から、短期的には20〜40人に広がるショーを行った。

若者-また、本は、生徒の急性性感染症の有病率の問題である。

そして、時間の重要な課題の一つは、汚染発射速く処理するSTSにチェックを実行し、感染の広がりを制限する。